×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

年間を通して花粉症は存在します。花粉症の症状、対策を通じて症状を軽減できるような情報を紹介します。

花粉症とは

花粉症とはアレルギー疾患の一種で、植物の花粉によってアレルギー反応を起こすものです。目や鼻などの粘膜に花粉が接触することによって引き起こされ、症状として鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどが出現します。

 

近年になり、花粉が舞う季節になると、大きなマスクをして外出している人を見かける機会が多くなりました。特に日本では、植林されているスギの花粉が抗原となる場合が多いようです(高度経済成長時に丸坊主になった山にスギを大量に植樹したのがきっかけです)。

 

もちろん、アレルギー反応は花粉だけに反応して症状が出るわけではありません。一年を通して、症状が出る人もいるのです。

 

花粉症と風邪の症状を区別する方法があります。どちらも同じように鼻水が出るのですが、花粉症の場合はサラサラの鼻水です。そして目のかゆみを伴うことが特徴的です。鼻風邪の場合には目のかゆみはなく、数日すると粘性の高い鼻水となります。色も黄色や緑になります。

 

また、家の中の埃によるアレルギー反応の可能性もあります。いわゆるハウスダストといわれるものです。症状が屋内か、外出時かによって判断します。花粉症の場合は外出時に症状が強くなるからです。

 

個人差も大きく、同じ花粉症でも薬を処方してもらわなければ、日常生活に支障をきたすような重症の人と、マスクをしておけば症状が抑えられる人がいます。いわゆるアレルギー体質と呼ばれるものです。抗原に対してどれだけ強く反応するかと言うことですね。

 

いずれにしても自分が花粉症であることは自覚でき、それなりの対応をしていく必要があるでしょう。

 

花粉症を解消するためにはいろいろな方法があります。

 

もちろん、完全に解消できるわけではありませんが、症状を和らげることによって気分的に楽になることは間違いありませんね。