×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

花粉症を食事で改善

花粉症を食事で改善

花粉所を改善するための日々の心がけで注意したいのはやはり食事です。

 

花粉症にとってよくない食事は油分の多い食事、甘いものやパン、インスタント食品などです。

 

また、洋食や外食なども高カロリー、高たんぱくの食事であるため花粉所を改善するにはあまりよろしくありません。

 

それに辛いものや刺激物、冷たいものやアルコールなども花粉症の改善にはよくありません。

 

高たんぱくの食事の過剰摂取は消化酵素の分泌が追いつかず、アミノ酸を十分に分解できないまま吸収し、体内の免疫システムがそれを異物とみなして抗体が増え、アレルギーを引き起こす要因となるのです。

 

このような視点から見ると、学校給食で毎日出される牛乳は大いに疑問があるところです。

 

また、食事の中に含まれる食品添加物などの物質が体内に蓄積されていくと、食品添加物にはアレルギーを誘発する抗アレルギー成分が含まれているため体の免疫機能が弱くなっていくのです。

 

それでは花粉症を改善する食事とはどういうものでしょうか?

 

体内のアミノ酸をキレイに分解するために消化酵素の分泌を促進するような食事がよいでしょう。

 

基本は体を暖める食材を使った食事がいいのです。

 

穀物や豆腐などの豆類、芋や果物はたくさんとるといいでしょう。

 

また、野菜や果物も当たり前ですが大量に摂取するように心掛けたいものです。