×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

花粉症にならないための基本的な対策とは

花粉症にならないために

花粉症の症状は個人差が大きく、解消法も人によって効果の有り無しがあります。また、去年はそうでもなかったのに今年は症状がひどくなったと感じている人もいますね。いつのまにか花粉症になってしまうこともあるのです。

 

花粉症はよくコップから溢れる水に例えられます。コップにたまる間は症状が出現しないのですが、ある容量を超えるとコップから水が溢れるようになります。すると症状が出現してしまうようになるのです。

 

花粉症というものは日本人特有の症状ではありません。外国でも同じような傾向にあります。例えばイギリスでは5 人に1 人が花粉症だそうです。

 

一度発症してしまうと、薬や点眼液など対処療法となってしまいます。

 

花粉症の原因となる花粉はいろいろなものがあります。かつて林業が盛んだったころ、伐採した木の代わりにスギが植林され日本の森林に多くなったため、多くの人がスギによる症状を訴えます。しかし、花粉症はスギだけで起こるわけではなく、スギがなければ他のもので花粉症になってしまうのです。

 

大事なのは花粉に接している時間をできるだけ少なくし、花粉症にならないようにすることが一番大事です。外出するだけで服に花粉はたくさんついてきます。家に入る前に花粉を叩き落とし、家の中に持ち帰らないようにしましう。